最期を考える

壁の前で微笑むシニア夫婦

日本は高齢化社会です。子供よりも年寄りが増えてきました。
最近では「生前整理」や「終活」といった言葉も耳にします。元気な間に自分の身の回りのものを整理します。

■元気なうちに
遺品整理などは亡くなったあとに遺族が遺品を整理します。しかし、生前整理を遺品整理と異なり自分で自分の遺品を整理します。
元気でいるうちに整理をすることで、自分が残したいもの捨てたいものと分けることが出来ます。
遺品整理は遺族がするので、無くなった本人が残したかったものなのか判断出来ないことがあります。
生前整理をサポートしている企業が増加しています。そういった企業に相談をすることで自分が本当に残したいものなのかを判断することが可能です。

■アドバイスを受ける
亡くなると相続の問題も出てきます。相続が問題で家族の関係が崩れるという問題も多いです。
そういったことは誰も望みません。そんなことがないように相続問題の相談に乗ってくれる企業もあります。
相続では司法書士や税理士、土地家調査士など様々な所に相談をする必要があります。
どこに相談をして良いのか分からない方は、まず相続診断士からアドバイスを受けることで、どこに相談をすると良いのか判断出来ます。

■最期の人生
生前整理や終活は若いうちからセミナーなどに参加することが出来ます。
残りの人生をどう過ごすか考えることで意味のある素晴らし人生にすることが出来ます。
終活では棺桶の中に入り、自分が亡くなった時のこと想像出来ます。近年は終活に参加する方も増えてきました。

■カウンセラー
終活カウンセラーに相談をすることで、悩みを解決することが出来ます。
カウンセラーは知識があるので困りのシニアの方をサポートしてくれます。遺族に話すことが出来ない悩みなどを聞いてもらい、心がスッキリとするので何度も相談に訪れる方もいます。
一生に一度の人生だからこそ最後まで楽しく生きたいです。
無料でセミナーに参加することが出来ます。また、電話やメールで予約出来ます。

オススメリンク

パソコンを囲む家族

意志の尊重

人はいつ亡くなるか分かりません。そんなことを考えると自分が亡くなったあとの家族が心配になります。
相続や遺品のことで揉めないかな?と考えることが多くなります。
しかし、生きている間に悩みを解決することで、心配を減らすこ...Read more

関連リンク

最新の投稿

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年1月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031